カンボジアの電子マネーに登録してみました-Pi Pay

こんにちは、太郎です。
今回は少し前に日本で電子マネー〇〇Payが流行っていたようなのでカンボジアの電子マネーに登録してみたのでちょっと書いていきます。

カンボジアの電子マネーの歴史

ちょっと話がずれるかもしれませんが、カンボジア人って身分証明書とか出生届とかない人が多かったりするみたいです。
後は身分証明書では27歳だけど実は30歳です。みたいな人もいました。

そんな感じで意外とゆるい?というかしっかりしていなかったりします。

というわけで、身分証明ができなくて銀行口座を持てない人が意外と多いんです。
今は少しずつ減ってきていると思いたいのですが事実です。

スポンサーリンク

WING

WINGというのがほぼ銀行のようなものですが電話番号があればだれでも登録でき送金とか支払いとかができます。
簡易版銀行みたいな感じで、カンボジア人の多くの人たちが使っています。
街中にもたくさん黄緑色のWINGの看板があります。

2009年にサービスが始まったようですが、現在ではカンボジアでかなり広い地域で使用可能なサービスになっています。

これが電子マネーのようなものの始まりではないかなと思います。
日本みたいにセキュリティ第一よりも、便利で使えればとりあえずOKみたいな感じもあります。

Pi Payに登録してみました

かなり簡単に登録できます。
かんたんに登録できるというのはLite Userみたいです。
Lite Userでも使えるみたいは使えるみたいなのですが、なんとなくいやだったのでStandard Userまでアップグレードしました。
入れられるお金だったり、使用できる容量が変わるくらいで特にLite Userでも問題なさそうです。

Standard Userにするために

パスポートと自撮りが必要です。
アプリ上で国籍を選択して、パスポートをカメラで撮って、自撮り写真を撮って終わりです。
かんたんにLite UserからStandard Userにアップグレードできました。

とりあえず使いたいときに足りませんとかなるのが嫌だったのでアップグレードしました。
試しに使ってみたいだけだったら正直やらなくても問題ないんじゃないかなと思います。

入金してみました

入金する方法は2種類あります。
一つ目はATMのようなマシンで入金する方法、もう一つはABA Bankから入金する方法があります。

ABA Bankからの入金

ABA Bankのアプリから行います。
Transferの中からTransfer to Pi Pay Walletを選択します。

Pi Pay Wallet No.は最初迷いましたが、どうやら電話番号でいいようです。
あとはCurrency TypeはUSDとAmountに入金したい金額を入れればOKです。

手数料は0.5$かかるようですがそれで10%の割引もらえれば全然プラスでしょう。

まとめ

まだ使っていないのでよさは実感できていませんが、アプリを設定するだけでカードを持ち歩く必要もないしABA Bankのアプリから簡単に入金できるのでここ使えるじゃんって思ったときに入金して割引もらえたらラッキーくらいに考えています。

日系だとあまり使えるところも多くなさそうなので、イオン行ったときとか喫茶店とかで使えたら使っていきたいなと思っています。

また使って気が向いたら記事書きます。

Pi Pay

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

東南アジア旅行とカンボジア情報のカテゴリーでPVランキング2位に入りました。
ありがとうございます。

引き続き、応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

ブログ
スポンサーリンク
太郎をフォローする
太郎の海外駐在日記@カンボジアブログ

コメント