カンボジアの手織りバッグの紹介

こんにちは、太郎です。
今回はクラフトエイドさんのカンボジアの手織りバッグを紹介してみたいと思います。

カンボジア伝統手織りのバッグ

カンボジアの伝統手織りの”スン”という織り方でデザインされているバッグです。
プノンペン近郊にあるシルクアイランドと呼ばれるKoh DachのすぐそばにあるKoh Oknha Tey(オクハティ島)という島で生産されているようです。
独特な織り方で柄が特徴的になっていて東南アジアっぽい雰囲気が好きな人にはいいのではないかと思います。

おすすめの一番上にありましたが、大きくて色々入りそうだし便利そうです。
色もたくさんあって、少し光沢のある感じはなんとなくカンボジアっぽさがあります。
大容量のスンバッグ

後は個人的にオススメなのはボディバッグです。
男でも使えそうだし、ちょっとしたときに便利です。
スンのボディバッグ
東南アジアだと気を付けないとひったくりにもあう可能性があるのでボディバッグの方が安心です。

織り方”スン”とは

調べてみたのですが、クラフトエイドさん関連の記事意外で”スン”という織り方は見つかりませんでした。

ただ、現在では織り手不足と高齢化が問題になってきているようです。
カンボジアの伝統の織り方らしいのでたくさん売って引き継いでいただきたいです。

お花やお寺の尖塔模様など、伝統的な織柄が入った手織り布「スン」は、首都プノンペンを流れるメコン川に浮かぶ、オクハティ島で作られています。「スン」は女性のスカートとして普段から使われているカンボジア伝統の織のひとつ。高度な織の技術を持つカンボジアですが、近年はその伝統も廃れ、複雑な模様を作れる人は少なくなってきています。独特の光沢と色の変化は、縦糸と横糸に異なる色を用いていることから生まれています。

とホームページからの引用です。

クラフトエイドさんの紹介

クラフトエイドさんは伝統的なモノづくりをしている作り手さんを支援することも目的として、カンボジアでは手織りのスンを作成して販売しています。

カンボジア以外でも、タイ、ラオス、ミャンマー、アフガニスタンといった国の伝統的なものの販売をして、現地の作り手さんのサポートをしています。

クラフトエイドさんにはこちらからどうぞ。

カンボジア製品ではバッグ以外にも、
ネックレス、マスコットなどがあるようです。

今後、もっとカンボジア製品も増えてくれるといいなと思います。

東南アジアの雰囲気が好きな人、東南アジアを少しでも支援したい人はぜひ一度購入してみてはいかがでしょうか。

僕もコロナが終わって日本に帰れそうになったら買ってみようかなと思います。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
Adsense 1
Adsense 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Adsense 1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。