カンボジアは物価が安い?

こんにちは、太郎です。
今回は日本人が住むにはカンボジアって物価が安いのか?について書いていきます。

カンボジアは皆さん知っていると思いますが、東南アジアにある発展途上国です。

カンボジアのイメージ

大体のイメージですが、

  • 物価が安い
  • 道がデコボコ
  • 停電が多い
  • 治安が悪い
  • などなどあると思います。

    大きくはあっていますが、物価が安いっていうのはどうなんだろうと思って書き始めました。

    カンボジアで日本人が日本人らしく生活する

    日本人が日本人らしく生活するとたぶん日本と変わらないくらいの生活費がかかるんじゃないかと思います。
    東南アジアだから安いはず、って思ったらちょっと違います。

    ってことは物価高いのっていうわけではなく物価自体は比較的安めです。
    ただ、タイとかベトナムに比べるとカンボジアってそんなに安くないんじゃないかなっていうことです。

    カンボジアの物価は安い

    行ったり来たりしている気がしますがカンボジアの物価は安いです。

    大卒の新卒社会人の給料は約300$くらいからです。
    それで生活できるのだから安いです。

    最低賃金もどんどん上がっていて約200$くらいになってきています。

    基本的に家族と住んでいたり、兄弟と住んでいたり、友達とシェアしています。
    田舎から来ている人は兄弟で住んでいるか、友達と大体住んでいます。

    結婚すると一緒に住んでいますが、子供は田舎のお母さんが育てていたりします。
    若いころは本当に働いてお金を稼ぐということを頑張っています。

    食事

    一食1$くらいだと思います。
    ご飯は自国でとれるので安いです。

    ローカルの飯屋でみんなで飲んでも1人10$とかで結構楽しめます。
    あとは大体僕のビール代になります。
    ビール代といっても1杯は1$とかなので安いです。

    生活用品

    生活用品が結構高いと思います。
    基本的に自国で生産しているものが多くないので大体輸入です。

    タイやベトナムから輸入しているものは割と安いですが、移動中に埃まみれになっていたり、店先に出しているので埃まみれになったりしているので安かれ悪かれな物になってしまいます。

    そんな感じなので、ほかの東南アジアに比べてものを作っていないということが大きいです。

    外国人が生活すると物価は高い

    基本的にローカルな生活をする分には安いのですが、外国人が生活するには高くなります。

    日本人が多くいるボンケンコンという飲食店が多いエリアに住もうとすると1000$くらいします。
    20分くらい離れたエリアに行けば600$くらいで住めるんじゃないでしょうか。

    食事

    クメール料理ってほとんど食べないんですよね。
    タイ料理とかベトナム料理に比べてちょっと残念な感じです。

    というわけで、外食をしてしまうと定食だと8$くらいします。
    飲むと20$くらいからはします。

    従業員の給料が多少安いので、少し安いかもしれませんが日本と大きく変わらないくらいはします。

    生活用品

    タイ製とかベトナム製を使う分には日本より安いですが、日本製とかいいものを使うと日本より高いです。
    ダイソーがありますが1.2$です。100円よりは高いです。

    まあ、輸入すると考えると仕方ないですね。

    結論

    それでも、日本に住むよりはだいぶ優雅な生活ができると思います。

    日本人が住んでいるようなアパートには簡単なジムとか、プールがついていたり、部屋が広いです。

    マッサージとか、果物食べたりとかも安くできます。
    特にマンゴーは安くおいしいものが食べられるのでお勧めです。

    節約する部分は節約できるので、こだわらないところは安く済ませられればだいぶ生活費下げられますので考えて生活しましょう。

    それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    スポンサーリンク
    Adsense 1
    Adsense 1
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーリンク
    Adsense 1

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。